京都会館、について

先日、雪が降りまして
仕事に私生活に大いに影響を及ぼしたわけです。

長年、関西で生活しておりますが
名建築が、雪に塗れる様などは滅多に見れるものじゃありません。

幸い、電車は動いていたので
決死の覚悟で京都に向かうわけですが
やっぱりそこには非日常が広がっているわけで

京都会館の中庭で雪遊びに興じるキッズを目にできました。
前川國男もこんな景色は見たことがないのかもしれない、と
大満足の京都でした。

最後の最後まで、について

家づくりにおいて、
気を抜くなんてシーンは来ないのですが
それでも人間がやることなので
気の緩みは其処彼処に潜んでいるものです。

お施主様との約束事も、
現場の約束事も、
受け取り方は人それぞれ。

どこまて行ってもその差異は埋まりきるものじゃないから、
時々こうして、張り紙をさせてもらうのです。

最後の最後まで、しまっていきましょう⚾️

羽曳野市の家、欄間登場

大工工事がクライマックス。
内装工事へバトンタッチする間際に欄間の登場です。

光の差し方で、欄間から思わぬ影が生まれます。
設置当初は予感していなかった景色にビックリです🫢

旭区の家、夜景

夜の現場。

仕上がった庭と照明が相まって
ナイスな影が浮かぶ上がります。

アクロス福岡、について

アクロス福岡、再訪。

久しぶりのアクロスは、ちょうどマジックアワーの終わった18時ごろに到着。
今まで見たこともない時間帯に、信号待ちもいいな、と外観を楽しませていただきました。
なにやら、プロムナードが赤や青のライトアップされ、
異様な雰囲気でしたが、前回感じた町の中のあり方や存在感は
変わることなく愛されているなと、そんな距離感を感じました。

羽曳野市の家、大工工事

弊社の社員大工が増えています。

突っつくとおもしろそうな雰囲気が
ぷんぷんしているわけですが、
当面は様子見、です笑

新年の植栽屋さん、について

現場と現場への移動の道中、
来ていると伺ったのでモデルに寄ってきました。
お仕事の邪魔にならぬよう早々に退散しましたが、
楽しみがひとつ増えました✌️

鎌倉殿の13人、について

年末年始にいただいた休暇中、
評判に次ぐ評判であったがずっと知らぬふりを決め込んだ「鎌倉殿のー 」の
広告を目にする機会が増え、寄り切られたわけです。

負けてしまってからは話は単純で、
全48話を淡々と見ていくだけだ。

喜劇で知られる三谷作品にあって、
私はダークサイドの話が圧倒的に好みです。
光と影、表裏一体等よく言ったもので
コメディに定評のある彼に悲劇を書かせりゃそれは
振り幅もあってかとんでもない悲劇を切り取ることになる。

筋もそうだが、演出でこうも暗く深く描けるのか、と。
面白かったーー。

旭区の家、写真。

闇に浮かぶ台所。

インスタ用に撮影したものだが、
エッジが映えると一気に私好みになるのだ。

羽曳野市の家、焼杉施工完了

仕上げ自体のそれは、いつまでも見えるが
その下準備なんかは完成すると姿を消す。

私に言わせれば、消えていくものたちが完成形の精度を高め
何より手を動かす者の心持ちをも高めるように思える。

要は、自信。
準備や環境を整えることで、自信が生まれる、と思うのだ。