奈良県田原本町の家、断熱工事

断熱材

二階の小屋を見上げると、
通気くんが配され
もう間も無く断熱材の施工が始まります。

ダイシンビルドのお家芸、と言ってもいい
いわゆる、ストロングポイント、と言うやつです。

ぼくの印象、ですが
断熱・気密というのは「0」か「100」です。

知識だけじゃだめだし、
技術だけでもだめだし、
材料だけでもだめなんです。

大工さんだけでもだめだし、
水道屋さんやガス屋さん電気屋さんだけでもだめで、
ずべての業者さんに共有してもらわないと
大いに性能に影響が出ます。

工程によっては、
各業者さんで顔を合わせない人たちもいると思いますが、
ぼくらの価値を理解してもらって
同じ目的に向かって施工していただきます。

自分のことだけを考えて作業なんかされると、
イッカンノオワリなんです。

同じことの繰り返し、のように見えるかもしれませんが
大工さんは毎度更新して反省点を改善されています。
つまり、厳密に言うと
どんどん変わる断熱施工…、
進化する断熱施工、と言うことです。

また断熱工事が終われば
現場の写真、アップしますね。

新住協、6月の勉強会

新住協関西


2ヶ月に一度の勉強会。
もう何度も参加させていただいてますが
毎回切り口が変わって面白い勉強会です。

最近、
勉強することと、体験すること、
みたいな話をどこかでしましたが

新住協の勉強会は
知識としての勉強と
体験したことを伝えてくれる場が
併設されていて
その両方からのアプローチがあることで
実感しやすいです。

学んだことを何におとすか、
というのが命題ではありますが
勤務時間に時間とお金を使って
場を設けていただけることは
本当に感謝でしかありません。

自分の役割、
自分の影響力、を
しっかり意識してかかわらないと
実に無責任・無誠実な仕事になってしまいます。

ダイシンビルドには、
留守を守ってくれる事務員さんがいますが
社内・外のことであれこれ言うたり、
現場で好き勝手できるのも、
この事務員さんがいてくれているからに他なりません。

ひとまわりじゃきかないくらい年下ですが
あまりの頼もしさに、
自らの所業が
それこそ無責任・無責任なものになっていないか
日々襟を正す思いです。

水路のある町

水路


奈良県田原本町の家の建築地のまわりには
いくつもの水路があります。

晴れに日が続くと
透き通った水が流れ、
雨の降った後は
濁った水が流れます。

お家の中から視線を外すと、
キラキラチラチラと乱反射した光が見えます。

町中を縫うように流れる水路。
各家庭・家の間を流れます。

水路はすべて繋がっておりますので、
汚れやゴミなどは、
すべてひと続きなわけです。

そういうところに、
なにか特殊なコミュニティを感じるわけです。

大規模な震災以降、
コミュニティの重要性は
いろんなところで説かれるあたりですが、

水路のある町には、
水のもたらす豊さや被害も
すべて共有する環境に
特殊に感じたコミュニティ感じるんだと思います。

きっと、
こういう町は、強い、でしょうね。

作って終わり、売って終わり

音楽フェス

ぼくの記憶が確かなら、
昨年の7月(11ヶ月)ぶりの連休をいただきまして
静岡県に行ってきました。

テントを立てて、
朝から晩まで音楽を楽しめる、
いわゆる、音楽フェス、というやつです。

ダイシンビルドでお仕事させてもらうようになって
この手のリフレッシュからは
ずいぶん遠のいておりましたが

いろいろあって、
きちんと休んできちんとリフレッシュさせていただく
そういう風に考える脳みそに
ようやくなりました。

と、言うのも
これまではそういう風に脳みそが働きませんでした。


自分の担わせてもらっている仕事の結果や
仕事のやり方によって
思っているよりもずいぶん多くの方に
影響が出ます。出てしまいます。

やるだけ、で完結する仕事は
この世にはなくて、
なにかしら、誰かに影響が出ます。

作って終わり、
売って終わり、
そういうお仕事はないって話で

人のふり見て我がふり直せ、を
ここ数日ずっと感じて、もんもんとしているわけです。

非難したり、コケおろすことは簡単ですが
人に伝えるというのは、そういうことじゃないし
積み上げていくってのは、そういうんじゃないですよね。

音楽はこんなに軽やかに
時代も世代も超えて伝わるのに、
僕が伝えようとするものは
一朝一夕では伝わらず、難しいです。

日常に戻って、お仕事頑張ります。

中山寺の家、追加工事見積り

鉄骨


およそ半年前にお引き渡しさせていただいた
中山寺の家ですが、
お引き渡し後に、お家の下にある鉄骨部分に
ステージ組み物置として使いたいとのお話をいただきまして、
現在見積り中です。

お引渡し後に新生活を始めて
物置が必要になったようです。

こうして、お引渡し後に
再度お声かけいただけることは
嬉しいことです。

週末には、
また別件でお施主様にお会いできそうですので
お話しさせていただくのが待ち遠しいです。

泉大津の家、解体終盤

養生


まもなく解体工事の終わるk様邸です。
解体工事中は、現場だけではなく
現場周辺が大変汚れやすくなります。

ましてや、
現場がマンションともなると
さらに汚れやすいエリアが拡大し、
養生エリアとその方法が難しくなります。

近隣の方へのご迷惑をなるべく少なく、
という事と
お引き渡し後にお施主さまが気持ちよく
入居できる、
というところが抑えどころかと思うのですが、

こういう解体工事の養生というのは
ルールこそあっても、
その場その場で対応も変わり
要望も変わります。
臨機応変さが超重要です。

どんな工事でも、工事内容の指示をして、
工期が過ぎれば勝手に終わる、
そんな現場はひとつもないわけで、

相手は人間ですから、
ちゃんと伝えて、ちゃんと指示して
ちゃんと更新していく他に
道はないわけです。

まもなく、この現場の解体工事も終わりますが
いろいろと考えさせられることが
いくつかありました。

目指すところを見誤らずに、
大切なものをちゃんと守れるように
お仕事していかんといけませんね。解体終盤

東香里の家、お引き渡し前

門柱


門柱も設置されて、
ようやくお引き渡しです。

数年前にリノベーション工事を
させていただいたt様邸ですが、
昨年の地震と台風の影響で
ブロック塀にダメージを受け
解体と併せて、
外構工事をさせていただくことになりました。

おんなじお家でも、
門構えを変えるだけでも
ずいぶんと漂う雰囲気が変わりますね。

机上で計画を練っている時にも
イメージはしていましたが
形になると、改めて強く感じます。

あとは、表札を取り付けて完工です!

泉大津の家、解体工事

泉大津市k様邸リノベーション工事、解体工事

設計スタッフとともに、
泉大津で解体工事の進んでいる
k様邸の現場へ行ってきました。

いつも、興味津々で
現場の職人さんへも臆することなく
学ぶ姿勢が凄まじく、
心強いです。

現場は、解体工事がずいぶん進み
来週には大工さんが予定通りに
登場してもらえそうで、ひと安心です。

いつも、丁寧にお仕事してくれている
解体業者さんには本当に感謝しております。
有り難いです!

6月の木鶏会

木鶏会

6月の木鶏会でした。
久しぶりに、2チームに分かれました。

少し前から、自分の中のいろいろが変化してきていると
自覚できるレベルで感じているんですが
こういう変化は木鶏会のような場では、よく感じます。

木鶏会後には、バーベキューだったのですが
人数が多くて僕はリビングにいてて、
ボスがなにわサリバンショーのDVDを流してくれて
ついつい見入ってしまいました。

どこまでが狙われていたのかわかりませんが、
どちらも人間力の話で、
めちゃくちゃ面白かったです。


変らないように見える生活の中で、
月に一度訪れる非日常な瞬間です。
今月の木鶏会も、いい時間、でした。
https://www.youtube.com/watch?v=06yIzV8HToM

奈良県田原本町の家、中間検査

中間検査

奈良県田原本町の家の現場は、
中間検査でした。

概ね、スムーズに検査進みましたが
思いのほか、
検査前に行なった設計士さんと大工さんとの打合せが
大白熱して、予想外に時間がかかりました。
…が、充実といいますか、
不明点などを一つひとつ丁寧に議題があがり
ちょっと里山を思い出しました。

いつもやらないような場所もあって、
その作り方も議題に上がりました。

上手くおさまると思いますが、
またまた楽しみです!